« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月25日 (火)

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン

4月29日~5月6日の1週間、丸の内周辺と東京国際フォーラムを会場とした日本版「熱狂の日」が開催される。
昨年はじめて日本でも開催されたラ・フォル・ジュルネのテーマは、ベートーベンだった。開催期間中の1日だけしか行かなかったが、文字通り朝から晩までベートーベン。
今年のテーマはモーツァルト、さすがに世界でも一級の演奏家のコンサートはチケットが必要で発売後一気に完売、私も買えなかった。

でも行く。
無料なコンサートもいっぱいなのだ。

国際フォーラムの中庭というか中央通路というか、その辺で演奏が始まったり、丸の内のカフェの前で演奏が始まったり、どこからともなく生の音楽が聞こえてくる。
そういう状態が朝から晩まで続く、コンサートホールも一番遅くまでやってるヤツは夜11時過ぎまでというありさまだ。
まさに熱狂の日!

フランスで始まったこの音楽祭を、よくぞ日本に持ってきてくれた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

オーバーホールの見積もりのはずが。。

朝から友人に借りているソプラノサックスを持って、オーバーホールの見積もりに楽器屋さん巡りに出かけたのだが、楽器を診てもらってる間、おめめが展示された中古楽器に釘付け・・。

持って行った楽器ケースからマウスピースだけを取ってきて、何本か試奏させてもらう。
楽器そのものの素性以上に中古のコンディションは差が激しい。

「オーバーホールに出すのは今じゃなくてもいいだろう」と、今までも時折実施していたソプラノサックス試奏の旅にプラン変更。(笑)

何店もまわって、セルマー・ヤマハ・ヤナギサワ、、、全部で20本くらい試しただろうか、最後に吹いた1本にクラッと来た。
音程はややバラツキがあったけど、音が妙に艶っぽい。
楽器を見るとフランス・セルマーのMARK Ⅵ。
今まで回った楽器屋さんに戻ってMARK Ⅵを持ってるお店で全部吹かせてもらったが、クラッと来たヤツが一番良かった。

古いヤツって、キーが現在のモデルのように手のひらのサイズを考えた配列になってなくて、ちょいと操作しづらそうだけどそれも慣れてしまえばいいだけだ。(と自分を納得させ)

買ってしまった。>1980年製のMARK Ⅵ

それにしても、これ持って電車とかに乗るにはあまりにもみすぼらしいケース。。(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

ラーメンおむすび

ファミリーマートのおにぎり売り場にっ!!!!
さすがにラーメンを握ってあるわけではなく、味がラーメンのスープ風味になってるおむすび。



あ、、、これ、いけてるかも(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

駐輪・・・

今日、立川駅のそばで見かけた駐輪方法。

ちょっと目立ってた・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

ニジマス釣り

子供らと西武園の流れるプールへニジマス釣りに出かけた。

空いてるし、楽しく釣れて満足満足♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

戦場のメリークリスマス

家でサックスの練習が出来ないので、子供らが寝たあとに自分でピアノの練習をしようと思い立った今日この頃。

子供らが音楽教室でピアノのレッスンしてる時に、1階にある店舗の譜面売り場で戦場のメリークリスマス(ピアノ譜)を買ってみた。
曲自体も好きだし、スピードもゆっくりなのでなんとかなるだろ。と・・

譜面を開くと、予想とは裏腹にフラット5つの譜面にたじろぐ自分。

が、、がんばろ・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

青葉@八王子で昼食

今日のお昼は、会社からほど近い青葉@八王子の特製つけ麺で塩分補給。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

吹奏楽おもしろ雑学事典

先日、本屋さんで見つけた「知ってるようで知らない吹奏楽おもしろ雑学事典」を買った。

「知ってるようで知らない」というより「全く知らないこと」の方が断然多い。。

読みいってる図。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

お花見@富士森公園

今日は職場のお花見で、職場から徒歩20分(遠)の富士森公園襲撃!

おとといの雨、昨日の強風にも負けず満開の桜。さくら。サクラ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »