« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月24日 (土)

カモの親子

子供らと散歩して家に帰ってきたら、家の前の用水路から可愛らしい鳴き声が。。。

カモの親子が散歩してた。(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

The REAL BOOK

サックスの師匠に勧められたジャズの譜面集を国内で探したのだが、なかなか在庫があるお店が無く、sheetmusicplus.comに注文していたのだが、2週間弱で手元に届いた。

1冊あたり400曲も載っているバイブル的存在。

パラパラとめくってみたがボリュームありすぎ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

三都物語3

大阪で目覚めると快晴!胃腸も快調! いざ京都へ

京都は中学校3年生の時の修学旅行以来だったので、20余年ぶり。

修学旅行の集合写真を撮った場所も、記憶のまんまそこにあった。

青空の下、この朱色は映えるよねぇ。

清水寺にて「ありがちショット」(笑)

直射日光に長時間さらされると、企業戦士は大変疲労するので豆腐をつまみにビール!(ぷはぁ)

この後、祇園散策や夜の宴会と続くのだが途中意識が無くなる・・。

最終的にとぼとぼと深夜2時過ぎにホテルに戻る。

寝よ・・明日は朝仲間と別れ、単独で東京へ戻らねば。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

三都物語2

神戸から今夜の宿泊先となる大阪へ移動するが、相変わらずの強い雨。

道頓堀にほど近いホテルにチェックインし、近所のづぼらやでふぐ宴会!

ビールなどの冷たい飲み物を朝から全く取らなかった事もあり、腹痛もかなり回復したが終始焼酎のお湯割りに徹した。

てっさ、ふぐちり、e.t.c....

堪能(恍惚)

づぼらやを後にして、念のため腹痛薬を準備しておこうと薬屋へ・・

途中、約1年半ぶりにサムライブルーな太郎君にも再会を果たす。元気そうだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三都物語1

初神戸へ旅立つ前夜から腹痛に見舞われ、足取りも重く家を出た。

新幹線車内での朝食もカツサンド2箱、、、とダメダメスタート・・・。

神戸へ到着すると強い雨。

傘をさして北野にある異人館へ行くが、お腹が痛いのと買ったばかりのデジカメを雨の中で出すのがめんどくさくて画像無し。(爆)

途中、休憩がてら立ち寄ったお店で仲間達がビールをうまそうに飲むのを横目で見ながらアツアツの明石焼きを食べる。

雨で冷えた体に出汁が染み渡った。。

北野から港町らしい坂道を下り、三宮駅をかすめて南京町へ行き曹家包子館襲撃。

松茸豚肉包を頂く、美味!

朝早かったのと、雨の中濡れながら歩いたせいで神戸襲撃は早々に切り上げることに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

浜松市楽器博物館2

それにしてもここは展示物が非常に多いです。また、展示物がショーケースなどに入っておらず、一部の展示物を除いて柵なども無いため手を伸ばせば触れてしまいます。(もちろん触っちゃダメですが)

楽器のすぐそばまで顔を近づけられるので、細かな部分まで見ることが出来るのもここの特徴でしょう。
へんてこ楽器なんか特に見入ってしまいます。

これはパッと見アコーディオンなのですが、鍵盤じゃなくてタイプライターのようなキーが並んでます。ドレミがどのキーなのかさっぱり分かりません。(笑)

これなんか「角笛か?」と思って近づいてみるとキャップをかぶせたリード付きのマウスピースが取り付けられていて、音孔にはクラリネットに似たキーシステムが配されてます。

極めつけはこれかな。
中央の楽器はトロンボーンらしいのですがスライド管が無くバルブシステムです。しかもバルブが6つ(右手で3つ左手も3つ)というものです。
その手前のものなんかわけわかりません。(爆)
バルブが6つあり、それぞれのバルブから出てきた管に全部ベルが付いてますっ!(涙)
両方ともサクソルン属を作り出したアドルフ・サックスの製作だそうです。

個人的には、やはりサックスコーナーへ(笑)
ソプラノ(上左)、テナー(下左)、バリトン(下中)、アルト(下右)、C調サックス!(上右)すべてアドルフ・サックス製作(ほんもの)

#手に取って吹いてみたかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浜松市楽器博物館1

親戚の法事で名古屋に行った帰り、浜松に一泊、子供らを連れて楽器博物館へ行って来ました。
(ケータイのカメラなので手ぶれはご容赦)

館内で音声ガイドの装置を借りました。
展示してある楽器の横に書いてある番号を入力するとその楽器の演奏が聴ける仕組み。
楽器を見ただけでは音色の想像まで出来ないので、これは絶対借りた方がいい。

数々の民族楽器や、様々なへんてこ楽器のオンパレード!

日によって内容は異なるそうですが、展示楽器の演奏なんかもしてくれます。
ちょうどピアノの演奏展示が始まって、きれいなお姉さんが出てきて年代ごとにずらりと並んだハープシコードから現代のピアノまで、楽器ごとの音色の違いを演奏して聴き比べさせてくれます。
復元製作された初期のピアノも含め、音の出る仕組みから木製フレームと金属フレームでの音の違いまで分かりやすく解説してくれて、演奏してくれる曲もそのピアノが存在した時代に書かれた曲を「当時はこのような音色でこの曲を聴いていたんですね」という具合に聴かせてくれます。
展示物と説明プレートだけの博物館が多い中、音を奏でる楽器を展示している博物館ならではの試みは非常に感心しました。

あと、この博物館、中学生まで無料です。いろんな物を見て感じて勉強しなくちゃいけない子供に対して無料という設定はすばらしい!他の博物館も見習って欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

朴葉寿司

下呂温泉で旅館を営む親戚から、朴葉寿司が大量に送られてきた。

内視鏡検査のため、昨夜から今日の昼まで何も食べてなかったので激しく食した。

これ、うまいんだよねぇ。。。お腹いっぱい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

そして内視鏡検査

胃カメラ飲んだ。

おえおえした・・。

涙流れた。。。



異常なし。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

健康診断結果

先日、会社でメール読んでたら、健康診断結果が出たので以下のURLにアクセスして内容を確認してください。ってメールが来てた。

はいはい。とURLをクリックして内容を確認していると、血中コレステロールやら肝機能やらに「*」マーク(要注意的な意味)が付いていたが、これは毎回なので軽く流した。
さらに読み進むと見たこと無いマークが・・。

「×」マーク!(初体験)

なんじゃこれは?とよく読むと胃部レントゲンで「なんちゃら隆起変が認められるため・・」とか書いてある。
ビビリながら産業医の先生に電話して聞いてみると「潰瘍の跡っぽいんだけど、念のため精密検査として胃カメラ飲んでくださいね」とのこと。

胃カメラ嫌いなんだよぉ。。

で、おととい紹介状とレントゲン写真持って内視鏡クリニックに行き、血液検査と問診を受けて内視鏡検査の予約を入れてきました。

問診の際、先生がレントゲン写真見ながら「写真見る限り十二指腸に潰瘍の跡っぽいものが見えるんですけど、お腹が痛いとか何か自覚症状ありますか?」と聞くので、「なんかお腹のこの辺に違和感が・・」と答えたら、「それは健康診断の結果を聞いてからですか?」とさらに聞いてくる。
「時期的にはそのくらいからです。」ってマジメに答えた。

私の答えを聞くと先生が手元のカルテに「気のせい」と書いていた。(ほんとう)

「先生!それ!」と突っ込むと「いや、気のせい気のせい」と笑ってる。



このお医者さんで大丈夫なのか?

内視鏡検査は来週の月曜日・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »