« 朴葉寿司 | トップページ | 浜松市楽器博物館2 »

2006年6月11日 (日)

浜松市楽器博物館1

親戚の法事で名古屋に行った帰り、浜松に一泊、子供らを連れて楽器博物館へ行って来ました。
(ケータイのカメラなので手ぶれはご容赦)

館内で音声ガイドの装置を借りました。
展示してある楽器の横に書いてある番号を入力するとその楽器の演奏が聴ける仕組み。
楽器を見ただけでは音色の想像まで出来ないので、これは絶対借りた方がいい。

数々の民族楽器や、様々なへんてこ楽器のオンパレード!

日によって内容は異なるそうですが、展示楽器の演奏なんかもしてくれます。
ちょうどピアノの演奏展示が始まって、きれいなお姉さんが出てきて年代ごとにずらりと並んだハープシコードから現代のピアノまで、楽器ごとの音色の違いを演奏して聴き比べさせてくれます。
復元製作された初期のピアノも含め、音の出る仕組みから木製フレームと金属フレームでの音の違いまで分かりやすく解説してくれて、演奏してくれる曲もそのピアノが存在した時代に書かれた曲を「当時はこのような音色でこの曲を聴いていたんですね」という具合に聴かせてくれます。
展示物と説明プレートだけの博物館が多い中、音を奏でる楽器を展示している博物館ならではの試みは非常に感心しました。

あと、この博物館、中学生まで無料です。いろんな物を見て感じて勉強しなくちゃいけない子供に対して無料という設定はすばらしい!他の博物館も見習って欲しい。

|

« 朴葉寿司 | トップページ | 浜松市楽器博物館2 »

あそぶ」カテゴリの記事

おんがく」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175028/29424205

この記事へのトラックバック一覧です: 浜松市楽器博物館1:

« 朴葉寿司 | トップページ | 浜松市楽器博物館2 »