« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月30日 (土)

新たな餌付け

土曜日恒例「夜の熱帯魚屋巡視」をしていたら、キングロイヤルペコルティアが、私を睨みつけた。

しばらく睨み返した。

連れて帰ってきてしまった・・・・。(体長7cm)

隔離ボックス内に入れ、キュウリで餌付け。

早速知らんぷり!(手強い)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

花が咲いた

水槽の中に植えたウォーターバコパに花が咲いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生後4週間目

生後4週間が経ち、プラティの稚魚も成魚の1/4位の大きさに成長。

まだミッキーマウス模様は完成してませんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

水槽探検中

水槽内に放った稚魚たちは、水槽の中を泳ぎながら探検中。
いろんな物に興味があるようでコケ取り屋さんの石巻貝をつついたりしている。

と、稚魚が入っていた隔離ボックスが無くなった水槽の中を見ながら癒されていたら、先日稚魚を産んだママさんプラティのお腹の中にイクラ色の部分が・・・。

また卵を持ってる!!!

さらに他のプラティを観察してみると・・・

別の2匹は卵どころか、稚魚の目が黒い点になって見えるようになってる!!!

お前ら、、いちゃつきすぎだぞ!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

稚魚解放

生後2週間目の稚魚。

かなり成長し、成魚と同じ形状になってきた。
すでに成魚の口よりも大きくなったので隔離ボックスから水槽内へ放ってあげた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水槽まわり改善

美しくない水槽まわりを改善すべく、日曜大工を実施した。

昨夜のブログでも記事にしたとおり

・電源ケーブルの煩雑さ
・フィルターへのホース類およびフィルター本体の露出
・エアーポンプなどの露出

を、一度に解決するには「機材を丸ごと隠す」が適当と考え、ホームセンターで組み立て家具と、エアコンのホースカバーを買ってきて、エィッと一仕事。

仕事を終え、魚たちに餌をやる。

インペリアルタイガープレコは、相変わらずキュウリに夢中・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

プラティの稚魚がまた・・

昨日今日と、1匹ずつ★になってしまった。。

これで、生存稚魚数は隔離17匹+隔離エリア外1匹、計18匹。

アンモニア濃度も亜硝酸濃度も測ってみたが、ともに微量(試薬での下限レベル)。
pH値も測ってみたが、7.0と稚魚が生まれる前と変化無し。。

うううむ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水槽まわり

ふと改めて水槽のまわりを見つめてみると・・・

何て言うかこう・・

、、、美しくないな。

#いろいろ考え中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

プレコの餌付け第2段階

キュウリの味を覚えたので第2段階。

プレコは夜行性なのだが、今まで食べてなかった分お腹が空いてるだろうと、切ったキュウリに割って小さくしたプレコタブレットを埋め込んで水槽の中に沈め会社へ行く。

帰ってきてみるとキュウリは食べたが、味がお気に召さなかったのかプレコタブレットは残してる。

しかも「新しいキュウリよこせ」と言わんばかりに睨んでやがる・・。

挙げ句の果てにこっちのガラス面に来て、口を吸い付かせハグハグしてる・・・・・。

お腹がふくれ上がってパンパンじゃんか、これじゃ目の前にタブレット入りキュウリやっても好きなものしか食わないな。

「ダメ、お前食い過ぎ!餌我慢してお腹が空いた頃にタブレット入りキュウリな」と言い聞かせ、今日は餌抜き!(スパルタ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

プレコの餌付け第1段階

今朝、会社へ行く前に拒食プレコの様子を見ると、若干だがキュウリを囓った痕跡があった。

もしや、、、と思い、いつもは夜寝る前にしか与えなかった新しいキュウリに取り替えて家を出る。

仕事を終えて家に帰ってくるとキュウリが!!!

こんな状態になっていた。

子供らが言うには、食卓で夕飯を食べていたらプレコも出てきてものすごい食いっぷりでキュウリを囓りまくったらしい。

やれやれ、、、餌を食べてくれないので心配でこっちがメンタルになる所だったが、これで一安心。

明日からは、プレコタブレットをキュウリの所々に差し込んで人工飼料の味に慣れてもらうことにしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プラティの稚魚

9月3日に生まれた23匹の稚魚のうち、昨夜から今夜にかけて立て続けに4匹死んでしまった。。

4匹ともまわりの稚魚たちに比べると、明らかに体が小さい。
あと1匹、同じように体の小さい稚魚がいる。

ちょっと心配・・・。

のこり19匹となってしまったが、産卵ボックスの外の成魚が泳いでるエリアに1匹稚魚が泳いでいるのを発見!
どうも出産が終わったとママさんプラティを元のエリアに戻したあとに産まれたっぽい。
まだいるのかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

水槽の中大忙し

インペリアルタイガープレコ、ひきこもり拒食中。
人工飼料には全く興味示さず、今夜は皮をむいたキュウリと茹でた小松菜で攻めてみる。何しろ暗くならないと出てこないので焦れったい事この上ない・・。

ホワイトミッキーマウスプラティの稚魚、順調に成育中。(現在の体調約11mm)

稚魚の写真を撮ってたら、稚魚ボックスの向こう側にいるアカヒレのお腹が激しくデカい!(写真中央)
ど、、どうやら卵持ってる模様。

水槽を優雅に泳ぐ魚たちを見て癒されるどころではない・・目が離せない。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

ごちゃごちゃ水槽

生後1週間の稚魚は1匹も欠けることなく全員元気に育成中。

恥ずかしがり屋のインペリアルタイガープレコは、ちゃんと食事をしていないらしく痩せてきた。
人工飼料には全く目もくれていないことが隔離してはっきりした。
よって調教。

隔離ボックス内でイトミミズとアカムシを与えつつ、きゅうりに目覚めさせ中。

プラティの稚魚やプレコの隔離ケースで、水槽の中ごちゃごちゃやんけ・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

8時間かかった出産

10時半に出産が始まり、数分おきに3~4匹産んでは休憩。また数匹産んでは休憩。。の繰り返しで18時半までかかりました。
ママさんプラティがんばったなぁ。。

稚魚を産み落とすと、親がいる場所とは違う部屋に落ちてくる産卵箱は優れものですねぇ。1匹も親に補食されることなく計23匹が産まれました。
今のところ全部元気のようです。

全部が成魚まで育つ訳じゃないんだろうけど、精一杯の飼育をしてあげようと思った一日だった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

そして出産(早っ)

昨夜異変に気が付いたプラティを、今朝見てみるとお尻のあたりが膨らんできているように思えるので、水槽の中に産卵箱をセットして1匹隔離。

よく見てみると、昨日よりオレンジの部分が増えており小さな黒い点々がはっきりと分かるようになってきた。赤ちゃんの目だろうか?

しばし子供らに観察を任せていると、、、

「お父さん、あれウンチ?」と聞いてきた。

「どれどれ?」と3人で顔を水槽に近づけたとたん、ピロッと1匹目が出てきた!!!!
(プラティは卵胎生なので、お腹の中で孵化して稚魚の状態で産まれてくる。)

「産まれたーっ」全員大歓声

その後数分ごとに、2mm~3mmの稚魚が次々と産まれてくる。
小さい魚なのに実に感動的。稚魚の顔が愛くるしい。

#だめ、完全に熱帯魚にハマった・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

ご懐妊???

水質的にはかなり安定してきたんだが、いまだに亜硝酸濃度が"0"にならない。

アンモニア濃度については1週間以上連続して"0"なので、アンモニアを分解するバクテリアの繁殖は問題なく完了したようなのだが、アンモニアを分解する際に発生する亜硝酸を分解するバクテリアの繁殖がなかなか進んでいないようだ。

昨日までに3匹のホワイトミッキーマウスプラティが沈没してしまった。(残り7匹)

今夜、子供らが寝てから水槽の前で癒されていたら1匹のホワイトミッキーマウスプラティに異変が起きている事に気が付いた。

激しくデブってる・・・。

白っぽい半透明な体なので内臓が透けて見えるほどなのだが、内臓の後方にオレンジ色の部分が出来てる。でもって、体全体がちょっとピンクがかってる。

もしかして子供出来た?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »