« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月24日 (火)

水槽入れ替え

きれいなフレームレスの金魚水槽を見るたびに、「あぁ、熱帯魚の60cm水槽もフレームレスにすればよかったなぁ。」と常々考えていたのだが、この前の土曜日に意を決して変えてみた。

子供らにも大好評。(笑)

ようやく水が澄んできたのでデジカメでパチリ。

フレームレスだと水景を切り取って部屋に持ってきた気分になるんだよねぇ。。


そして・・・

空いた60cm水槽は下駄箱横にセット。
あぁ、こうやって水槽が増えていくのか。の図(爆)

買い込みすぎた水草の増殖用兼エビちゃんの新居として新規稼働。
グロッソ・スティグマも会社帰りにセール品を見つけたのでちょっぴり植えてみた。
セットしたばかりなので、ソイルの濁りが取れてない。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

エビちゃん抱卵

抱卵エビ、撮影成功っ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

抱卵の舞?

ブログには書かなかったのだが10月7日(土)の夜、熱帯魚水槽にちょっと異変があった。
晩ご飯を食べてる時に、ヤマトヌマエビとビーシュリンプ(写真)達が突然狂ったように泳ぎだした。
ものすごいスピードで、右へ左へ上へ下へと泳ぎまくり。

子供らと「どうしたんだろうね?」と会話した程度で忘れかけていたのだが、昨日1匹のビーシュリンプが卵をお腹に抱えているのを見つけた。(撮影失敗)

満月の夜、エビ達が舞い踊るという記述をどこかで読んだのを思い出して、調べてみると、やはり10月7日は満月
その後、エビが抱卵しているのをよく見つけるので「抱卵の舞」と呼ばれているらしい。

ググって見るとかなりヒットする。
まぁ、生物学的に月齢が影響しているかどうかが実証されてるわけでもなさそうなのだが、満月および新月の際にこの行動がよく見られるというのは事実のようだ。

現に我が家でもそれが起こり、いわれの通り舞のあと抱卵している個体を見つけたし。

でもって、さらにググってたら「エビの孵化後は他の魚と混泳している場合、ほとんどの稚エビが魚たちに補食される」と・・・。(あぅあぅ)

初代金魚水槽、緊急再稼働!(笑)
砂利は余ってた新品のものを入れたので、ちょいと白濁してます。

熱帯魚水槽に入れてあったウィローモスの苔山に茶ゴケが付きまくってたので、ちょうど餌になるし、稚エビの隠れ家にもってこいだったのでビーシュリンプと一緒に移設。

さらに追加の隠れ家としてエビシェルターを買いに行った際に、レッドビーシュリンプが10匹2415円で売られていたので衝動買い。(爆)

赤白のエビちゃんかわいい。

7月末に金魚飼い始めたのをきっかけに、あっという間に水槽3本体制になってしまった。

でも水槽見ていると癒されるんだよねぇ。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

シェルター焼き焼き

一週間経ってカリカリに乾いたので、オーブントースターで焼いてみる。

焼けた。出来た。

オーブンのヒーターが近かったせいか上部が焼けすぎて変色。(笑)
次やる時は上下逆さまで焼こう。

さっそくプレコが入ってくれたのだが、カメラ向けたとたんに後ずさって奥に隠れてしまった・・・。

気に入ってくれたようなので、良しとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

プレコ用シェルター

水槽内に流木とか入れてるけど、プレコが安心して隠れられる場所がない。

今までにアップした画像の中にも写ってるとおり、既製の土管などを入れてるが、横に大穴が開いてるので中に入っても落ち着かないようだ。

で、ググってたらオーブン陶土を利用した自作シェルターを作ってる人の記事を発見。

ユザワヤに行ってみるとありましたありました、オーブン陶土。(500円くらい)
オーブンで焼成する粘土なのです。

空き缶にラップを撒いて、板状に伸ばした陶土を巻き付けて筒を作り、グリっとねじって取り外す。

水槽内に置いた時、据わりが良いように部分的に平らにしてみました。

反対側は蓋をする。

気分はプチ陶芸家。(笑)

このまま、約1週間陰干しして乾燥させるそうな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

秋祭り

子供らを引き連れて田無神社の秋祭りへ。

駅から田無神社へ行く途中、青梅街道を通行止めにして御神輿わっしょい。

境内に御神輿が入ると、すごい状態に。。。

危険を感じたので待避!

子供らもビビってた。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

新たな稚魚

水槽内に新たな稚魚発見!

ちょいと遠近法の関係で大きさが分かりづらいが、体長約5mm(画面中央やや下)
画面左上に写ってるのは9月3日に生まれた幼魚(体長2cm弱)

2匹の稚魚を確認できたが、母親のプラティは異常出産により亡くなってしまった。(泣)

お腹の中に卵を持ってるプラティは、まだ2匹もいるので毎日目が離せない。

話は変わって、餌付けも順調に終わり60cm熱帯魚水槽で生活をはじめたキングロイヤルペコルティア(約7cm)を、前からの住民だったインペリアルタイガープレコ(約5cm)が毎晩追っかけ回していた。

キンペコ君は、いじけまくり餌にもありつけない様子で、なんとなく痩せてきた。

よって、インペリアルタイガープレコはお仕置きとして30cm金魚水槽へ格下げ!

最初は金魚にビビっていたのだが「敵ではない」と察したか、明るいにもかかわらず自分の土管の上に鎮座して「俺がえらい」と言わんばかりの態度。(爆)

「明日、流木でも買ってきてやるか・・」と、飼ってるこちらが気合い負け。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

餌付け完了

キングロイヤルペコルティアは、完全に人工飼料を食べるようになった。

いろいろ試してみたが、ひかりクレスト・キャットがお気に入りのようだ。
ちなみにインペリアルタイガープレコの方は、ボトムフィーダーズが好きらしい。

#それにしてもいろいろ買いすぎた・・。

ひかりクレスト・キャット食いつき中

隔離餌付けは十分と判断し水槽内に放ってみると、早速インペリアルタイガープレコに「俺のテリトリーに入ってくるな!」と突っつかれて流木の影に逃げ込みいじけ中・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

そしてキュウリが・・

朝起きてみると、キュウリがこんな風になってた。

なんだ、食べるじゃん。

店員さん曰く、「このプレコはワイルドもの(現地採取もの)で、店頭ではイトミミズだけを与えてました。」という事だったので、キュウリは初体験だったのだろうか?

それにしてもクイーンインペリアルタイガープレコの時は、何日かキュウリを与えてても口にしてくれなかったので、環境が変わったばかりのキングロイヤルペコルティアの方がお腹が空いてたのか、度胸がいいのか、うちの水槽の居心地がいいのかのいずれかなのだろう。

つーわけで、今夜もキュウリを与えてみる。

夜9時を過ぎてからキュウリを入れて水槽から離れようとしたら、離れた場所から水槽を見ていた息子が、「あ!お父さんプレコ!」と言うので振り返ってみると。

ハグハグハグハグっ

昨日は照明付けてる時は食べようともしなかったのに、キュウリ入れたとたん見事な食いつき!とても生活環境が変わったばかりとは思えん。
よほど度胸のある個体のようだ。

この調子で行くと人工飼料に食いつくのも時間の問題か。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »