« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月29日 (火)

DEMAE RAMEN

友人からドイツ土産の「出前一丁 made in EU」をいただいた。

ちゃんと日清食品のロゴも入ってるが、出前一丁の下に書かれた「DEMAE RAMEN」の文字に怪しさを感じる。

私の身の回りには、海外に行くと「これはないだろう」とか「これは絶対にまずい」と思われるお土産を買ってきてくれる方々が数多くおられ、これまでもいろんな物を食べさせていただいた。

お土産を買ってこられた方々の予想を裏切ることなく、実際「おいしくない」ものが多い。(爆)

その中でも、HEINZの鮮やかな緑色をしたケチャップを頂いた時の衝撃は今でも忘れない。見た目インパクトでは群を抜いてまずそうな緑のケチャップ。
しかしながら、味は普通のトマトケチャップなのだ。どう味わってもHEINZの普通の味。おいしい。

だが、それでチキンライスを作ってもミートソースを作っても味は普通なのだが料理が全部緑色・・・。
普通の料理もまずそうに見えてしまうトリッキーな代物だった。


そして今回は、日清食品のロゴは入っているものの、made in EUな出前一丁。
しかも「DEMAE RAMEN」だ。(爆)

袋を開けて中身を確認。

粉末スープやごま油のパッケージには、アルファベットは見受けられない。全部日本語だ。

きっと、粉末スープの中身はドイツ人好みに独特なチューンを施されたものに違いない。

とりあえず作ってみよう。


完成。

なぜだろう・・。

この匂い・・・・。

違和感を感じない。。。

食べてみる。。食べてみる。。。



まんま日本のと同じじゃー。



あえて日本と変わらないモノを売っているのか、はたまたドイツ人の味覚が日本人に近いのか。。。
日清食品に聞きたくなってしまった。。。(新宿に行ったら聞いてみようかな?)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

自立した犬

毎朝、自宅から駅まで行く途中、一匹のシーズー犬に会う。

吠えるわけでもなく、車道に飛び出すわけでもなく、その辺にウンチするわけでもなく、自ら同じルートを散歩している。
季節ごとに時間は変化しているようで、冬の間は私の通勤時間帯では彼に会わない。

近所でも彼はかなり有名で、朝だけでなく昼と夕方も朝とは違うルートで散歩しているらしい。

一時期、自宅のすぐそばで橋の架け替え工事があった。
毎日のように土木工事の作業員のおじさん達が集合している横を、彼は堂々と散歩。

おじさん達に「この犬は放し飼いなの?」と聞かれ、毎日自分で散歩している事を教えると、冗談で言ってると思ったのかみんな笑っていたが、1週間もするとそれが冗談ではないことに気づき、彼が散歩で通る歩道の工事の最中も彼がちゃんと通れるように道を確保してあげていた。

それにしても、毎日小学生にちょっかい出されても相手にもせず、大人が餌をやろうとしても見向きもせず、黙々と散歩をこなす彼は、見事に自立している。(笑)

ただ散歩中、小さな虫たちが気になるらしく、時折草むらに眺めては足を止めている。(写真もそういう状態のとき撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

エビちゃん再び。。。

エビの全滅事件でやる気を無くしてたのだが、、、、



再トライ。(爆)

実験水槽にしていた30cmキューブ水槽で、赤白エビだけ飼い始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手乗りトカゲ

今年も登場手乗りトカゲ(笑)

娘も簡単に捕まえる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

睡魔

リビングに置いてあるメイン水槽で、コリドラスがひっくり返っていた。

先日のエビ全滅に引き続き、こちらの水槽でも異変がっ???とビビったのだが、息子がガラスをコンコンと叩くと、普通に泳ぎだした。

しかし、しばらくすると同じ場所に来てフワァ~っとひっくり返る。。。

今度は私がコンコンとガラスを叩いた。
また普通に泳ぎ出す。

人間さまにメチャメチャ近距離で見つめられているにもかかわらず、睡魔に勝てず眠っているらしい。(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

水辺にて

あんまり天気がよかったので、子供らと散歩に出かけた。

家の前の小川に目をやると、名前も知らない群生した水草が水面から一斉に顔を出しきれいな水上葉を展開している。

何て草だろう?
水槽に入れると鑑賞に堪えうる水中葉を展開するのだろうか?


などと考えながら、桜の葉のトンネルを抜ける。

ここは桜の花が満開の時、見事なピンクのトンネルになる大好きな場所だ。


家から歩いてさほど遠くない場所なのだが、うっそうと木が生い茂る大きな公園がある。

直射日光を浴びるとかなり暑い日だったが、木漏れ日の中は気持ちのいい風が吹いていた。


森を抜けると大きな池が現れた。

すぐそばには人造湖があるが、この池は知らなかった。
近所に住んでいても車で通らない場所は知らない場所だらけだ。

岸から遠い場所には鯉らしき姿も確認できる。

中学生くらいの男の子達がルアーを投げていたので「何が釣れるの?」と聞いてみるとブラックバスだそうな。

こんな所にも外来種を放流した人がいるのか。。。

そういえば、アクアショップの水草コーナーでミズユキノシタを見つけ名前を見てみるとルドウィジア・オバリスと書いてある。コーナーのお兄ちゃんに「これ、ミズユキノシタだよね?」と聞くと、和名は知らない。と・・。

私が子供の頃は公園の池や小さな川でもよく見かけた水草だが、最近はほとんど見かけない。「これは何だろう?」と、小さい頃の記憶にない水草ばかりのような気がする。

ググって見ると、やはりルドウィジア・オバリス(Ludwigia ovalis)はミズユキノシタの学名だった。
そのページには、「大阪府レッドリスト 絶滅危惧I類」とも書いてあった。

なんとその辺に自生していた水草までも絶滅危惧類なのか・・
他のページも読んでみると、植物の世界も外来種に押され、もともと自生していた植物が激減してるそうな。

なんか寂しい気持ちになった。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

実験水槽更新

水草育成用の肥料というか添加剤というか、アクアショップに行くとほんとにたくさんの種類があるんですよ。

パッケージ見ても成分表も無いし(まぁ書いてあってもよくわからないだろうが)、実際それを説明書読んで規定量添加しても自分の水槽の環境次第で効果があったり無かったり。。。

場合によっては添加することによって水質が激変して、水槽の中の生体に影響が出たりするので、30×19×24cmという小型水槽で添加剤効能実験を始めていたのですが、どうも水量が少なすぎるようで、やたらと水質が変わってしまう。


気が付いたら家に30cmキューブな水槽が置いてあった(買っちゃった)ので、新規立ち上げ。

水量もほぼ倍になったので、これなら満足のいく実験が出来るだろう。

まずは、水が出来上がるまで我慢我慢。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

飼育ボランティア

小学校で飼育ボランティアっていうのをしてきた。
単に土日のウサギとニワトリの世話。

「土日が学校休みなので世話が可能な家庭で面倒見てね」というシステム。

小屋を掃除して、、


小屋から動物たちを庭に出して、、


運動させて餌をやる。

それにしてもウサギってかわいいね。結構癒される。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月12日 (土)

なかよし

リビングに置いてあるメイン水槽にて

フィルターの給水スポンジの上に、いつも並んで一緒にいる2匹のコリドラス。
じぃ~っとリビングにいる人間を鑑賞している・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

気泡

エビ全滅水槽のリセット後、ずっと水を回していた水槽。

水草だらけにしてやろうと、ネットで買った水草を植えてみた。


数時間後、光合成でキューバ・パールグラスからきれいな気泡が出はじめた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

ショック!!

昨夜、エビたちが大乱舞。
メスが抱卵可能になるとよくある「抱卵の舞」だと思ったのだが、、

今朝起きてみると、ビーシュリンプとミナミヌマエビ合わせて200匹以上がほぼ全滅・・・。
辛うじてミナミヌマエビが3匹だけ生き残った。
ソイルの中にいたと思われるミズミミズも全部底床の上に出て息絶えていた。

一緒にいた石巻貝や、ミニブッシープレコは何ともないように泳いでる。。

何が起こったのか?

水質をチェックしてみた。
アンモニア・亜硝酸・総硬度、、、みんな正常。

酸欠か?酸欠ならプレコ達も同様に息絶えただろう?

さっぱりわからん。。。。


とにかく、生き残ったミナミヌマエビ、石巻貝、ミニブッシープレコをリビングで水を回していた水草肥料の実験水槽へ緊急待避。


メイン水槽の水質も見てみたが問題なし。

コケもおさまり絶好調。


エビたちが全滅した原因はわからないが、水槽のリセットしかない。
水もソイルも捨て、きれいに水槽を掃除して新しい環境だけは整えた。

水草だけの水槽になってしまった・・・。(T_T)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

LA FOLLE JOURNEE au JAPON 2007

今年も行ってきました「熱狂の日」音楽祭2007


巨大ビジョン前で、お昼ご飯食べながら音楽(無料)聴きーの


広場の特設ステージでの演奏(無料)聴きーの


地下会場で芸大生のオケ(無料)聴きーの


スペインから来たビルバオ交響楽団のラヴェル(有料)聴きーの

子供らも生演奏で「何か」を感じ取ったことを祈りつつ、大満足の1日だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »