« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月31日 (金)

伊右衛門 氷出し碾茶セット

当たったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月27日 (月)

見つからない模型屋

前から行きたい行きたいと思っていた模型屋さんに行ってみた。
鉄道模型界では「マニアックなキットが揃ってる」と評判のお店なのだ。

西武線下井草駅で下りて、てくてくと住宅街を歩く。
程なく電柱に本日のターゲットであるお店の屋号が現れた。
この道で良さそうだと安堵するのもつかの間、よく見ると「額縁」と書いてある。

たしかに、新額堂という店名こそ一緒だが私の行きたい場所は「鉄道模型店」である。
かなり不安を感じながら歩くと「新額堂」が見えてきた。

お店の前に立ってみる。
シャッターも開いてるし、店内の照明も点いてる。しかーーーしっ!

ガラス越しに見る店内は、明らかに額縁屋さん。
山積みになった各種額縁が見えるだけ。
鉄道模型の「鉄」の字も感じられない。。。。。

ケータイでGoogle開いて、新額堂を検索してみる。
住所はあってる。番地もあってる。
しかし、目の前には額縁屋さんしかない。

額縁屋さんのブロックを中心に数ブロック分、路地までくまなく歩いてみたが、あたりは住宅街で店舗と言えるのはこの額縁屋さんしか見あたらない。

どこなんだー???と心の中で叫びながら「すみませーん、鉄道模型の新額堂さんというのは。。」と額縁屋さんに入ってみた。

店の奥から店主らしき方が出てきて
「あぁ、模型屋の方は裏でやってて今日は休みなんですよ。」と切ないお返事が・・・。
本業は額縁屋さんで模型屋は趣味が高じてやってるので、毎日営業していない。
なんでも、金曜日と土曜日と祝祭日のみの営業だとか。

その営業日を聞いて、がっくり肩を落とす私を見て
「せっかく来ていただいたのに申し訳ないから開けますよ」
と言って額縁屋さんを出て裏手に回り、半地下のガレージのシャッターとおぼしきシャッターをがらがらと開けると、小さな小さなお店が現れた。
なんども前を通ったが店舗だとは全く思わなかった。

おぉ、これが新額堂っ!(号泣)

店内は2,3人いれば身動きが取れないほどのスペースなのだが、どこを見てもその辺のお店には売ってなさそうなキットキットキット!!!

「なんですか、この見たことのない輸入キットの山はっ!」と感動に震えながら言うと
「あはは、どうも」と軽くあしらう店長。
「おぉ、こんなのもある、あぁ、こんなんまである・・」と理性を失う私。。(爆)



そして5キットお買いあげ。

#わざわざ休業日に開けていただいてありがとうございました。m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日)

こっちを見続けるドラゴン

以前、テレビでやってたこっちを見続けるドラゴンを作ってみた。

目の錯覚を利用した錯視図形なのだが、これほんとに違和感がない。。
作ったドラゴンを置いて左右に歩くと、こっちをじぃ~っと見たまま首が動く!(ように見える)

上下に立ったりしゃがんだりしても、じぃ~っと見つめられる。

作ってみたい人は、こちらからダウンロードしてね。
リンク先に動画もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

北海道で気になったもの

どこのおみやげ屋でも、とある一社だけ取り扱いを中止してました。orz


小樽で見つけたんですけど・・・

スリラーカラオケって何??


登別クマ牧場にて

orz.....


PUMAのTシャツを着ていた息子が、ゲラゲラ笑いながら売り物のTシャツ見ていたので寄ってみると・・

クーマ!(爆)

#バリエーションで、UUMA(ウーマ)やBUTA(ブータ)も有り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

北海道旅行 登別3

そして最終目的地、登別クマ牧場。


写真はいっぱい撮ったのですが、


個性的なクマだけ抜粋。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

北海道旅行 登別2

カニの爪でピース!(爆)


旅館の玄関前で花火♪(旅館のサービス)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北海道旅行 登別1

小樽から、登別へ移動。

登別マリンパークニクスという水族館へ・・

泳いでるエイに触れたりして、ここもご多分に漏れず接近接触系。(笑)


水中トンネルでは、でかいサメから群れた小魚まで様々な魚が頭上を泳いでいます。


定番イルカショー!


ペンギンの散歩


イルカショーをやってない時に人気のないショープールへ行ってみると、かっちょよくジャンプしていたイルカたちが優雅に水槽の中を泳いでました。

娘が観覧席から下りてガラス越しにのぞき込むと、一頭のイルカが寄ってきて娘の動かす頭の動きにあわせて、イルカも頭を動かすんです。

イルカかわいい。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

北海道旅行 小樽4

朝っぱらから、水族館・博物館と子供らも歩き疲れたようで「甘いモノが食べたい」とブーイングが開始されたので、ガイドブックなどで有名なLeTAOへ。。


激しくご満悦♪


友人から「LeTAOに行ったらジャージープリンだっ!」と聞かされていたので、お土産に持って帰って後で食べましたが、これはうまい。

濃厚です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北海道旅行 小樽3

そして、子供らの欲求を満たした後、私の欲求を満たしに小樽市総合博物館(旧小樽交通記念館)へ。

SLなどの実物展示もすばらしいのですが


ここの一番のすばらしさは展示模型です。

誰が作ったんだろう?
ほんとにすばらしい。


うっとり


恍惚


圧巻

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道旅行 小樽2

今回の旅行は子供らのリクエストで「動物」がテーマになっていたので、小樽では「おたる水族館」に行ってみました。

ここは、カワウソが間近で観られたり

#このカワウソ展示、人が歩く通路の床下と天井部分にガラス張りの通路があり、カワウソが自由に行き来できるようになってます。


アシカを間近で観られたり


イルカを間近で観られたりと・・

旭山動物園と同様、接近系の水族館です。


そしてこの水族館のなによりもすばらしい所は、立地場所です。
景色がものすごくいい。

写真中央に写っている「いけす」のように見える場所は、ペンギンショーやアシカショー、セイウチショーなどを催す所になってます。


磯遊びも出来ちゃいます。

カニやら貝やら魚やら、自然のまんま泳いでます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月21日 (火)

北海道旅行 小樽1

旭山動物園のあとは、一路今夜の宿のある小樽へ・・

小樽と言えば運河。
夜景もきれいですが、私は夕暮れ時が好き。


そして夕食。。。

ウニいくら丼!


トロサーモン丼っ!


大トロあぶりっ
大トロにぎりっ
ホタテにぎりっ
エゾばふんうにっっっ!!!


恍惚・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道旅行 富良野~旭川

北海道旅行に行って来ました。

昼の便で羽田を発って、新千歳空港から宿のある富良野へ移動して初日は終了。
2日目の朝は雲の切れ間から朝日の注ぐ、幻想的な風景を見せてくれました。


ホテルで朝食を食べ、そそくさと富良野を後にして旭山動物園へ。


トンネル状の水槽を何度も通り過ぎていくアザラシも観られたし


水中トンネルから見上げる空飛ぶペンギンも観られたし


頭上の金網の上でくつろぐヒョウも観られたし。

日が良かったのか、思ったより混雑もなくゆったりと観て回れました。
こどもらも「テレビで観たとおりだ!」と大満足な動物園。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

車両展示台でも作るか

久しくご無沙汰だった鉄道模型。
なんとなーく、陳列台を作りたくなってユザワヤ@吉祥寺へレール買いに行ってきました。
先日、ホームセンターで売っていた丸太の輪切りの上に、9mmのレールと16.5mmのレールを2本置いてみると展示台としてはいい感じ。
レールの幅は違いますが、両方とも1/87のHOスケールです。
(奥の16.5mmの方は標準軌、手前の9mmの方はHOのナロー用)


それぞれのレールの上に機関車を並べてみるとこんな感じ。
同じ縮尺とはいえ、走る軌道が違うとここまで大きさも変わっちゃう。

さすがに9mmの方を走る機関車は、ちっこくてかわゆい。

さてと地面作りを始めるか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

花火

我が家の近所にある遊園地は、8月中の毎週土日に花火大会をやらかします。

今年も1ヶ月楽しませてもらおう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝練

この一週間、残業続きで全く練習できなかった。。orz

朝っぱらからサックス担いで航空公園@所沢に行って来ました。

そよ風と木漏れ日の中で、気持ちよく吹き始めたのもつかの間・・
ぐんぐん上昇する気温でそよ風は熱風になり、木漏れ日も単なる直射日光に変貌。

1時間でギブ・アップ!!!(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »