あそぶ

2012年10月20日 (土)

オリオン座流星群

金曜の夜、仲間とオリオン座流星群を見るために車で出発。

オリオン座流星群の極大は21日なのだが、少しでも降水確率の低い日を狙おう。と、この日の出発となった。

674427416

途中、談合坂サービスエリアでスタ丼で腹ごしらえをしたせいか、やや睡魔に襲われながら午前2時前に長野県の野辺山天文台のそばに到着。

標高1400m弱、すでに温度計は0度を指している。

Img_64002

横には北斗七星の足下に、45m電波望遠鏡が天を仰いでいた。

上下防寒着を着用し、撮影開始。

今回は60秒露出→60秒のインターバル(ノイズリダクションの処理時間)→60秒露出をISO1600で繰り返してみた。

レンズはTokinaのAT-X116Proで11mm、フィルターはSofton-Aです。

カメラをオリオン座の方向に向け自動撮影にしてから、ぼけーっと満天の星空を見上げているといくつも流星が流れていく。

雲ひとつ無い快晴の空には、オリオンの右肩の先にある放射点(オリオン座流星群が現れる中心)から放射状に流れる流星や、まったく別の方向から流れる散在流星がいくつも流れていきます。

あぁ、幸せ。。とつぶやきながらコーヒーをすすりつつ、オリオン座に背を向け懐中電灯のスイッチをまさぐって下を向いたとき、それは起こりました。

パアッと閃光があたりを照らし、下を向いた私の視線にくっきりと自分の影が地面に現れた。

仲間は「うおっ!すげー!」と歓声。「うおー!自分の影しか見なかったー!」と自分(T_T)

流星のひとつが、かなり大きな火球となって大気圏に突っ込んできた瞬間です。

「カ、、カメラは・・」と目をやると撮影中を示す赤いLEDが点灯中。

で、そのときのショット。(画像クリックで拡大表示できます)

Img_63732

写ってたー!(中央縦にぼぉ~っと写ってるのが天の川です)

目を空に戻すと、まだ流星が燃え尽きる際に現れた流星痕が発光を続けてます。

すぐさま撮影再開。その後10数分に渡って流星痕が発光を続けている様が写ってました。

流星痕の発光については、わかってないことが多いようですが、空気の流れにウネウネと姿を変えるそれは、まるで昇り龍のようです。

火球消滅後2分おきの流星痕も載せておきます。(画像をクリックして拡大してみてね)

Img_63742

Img_63752

Img_63762

Img_63772

Img_63782

火球出現が 2012/10/20 2:47

流星痕の撮影時間は以下の5回です。
2012/10/20 2:51
2012/10/20 2:53
2012/10/20 2:55
2012/10/20 2:57
2012/10/20 2:59

これだけでも12分にわたって発光を続けています。何が発光してるんですかね?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月29日 (土)

オープン直前の東京駅

グランドオープン2日前の東京駅。

Img_1093
威風堂々としてますねぇ。
一番見たかったドーム内は幕が張ってあって1階からは見ることが出来ないように・・・(T_T)
Img_1091
向かいのビルからは大勢の人たちがシャッター切りまくり。(笑)
Img_1094    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月25日 (土)

国立天文台野辺山特別公開

野辺山にある国立天文台の特別公開に行ってきた。

Blgimg_6291

実は、夜中に現地入りして「天文台のそばってどのくらい星が見えるの?」という素朴な疑問の解消もしてたりする。

Blgimg_6287

いやはや写真では伝えられないが、満天の星空でした。

話しは戻って、天文台の特別公開。

Blgimg_6294

Blgimg_6321

ここには、大小様々なパラボラアンテナが大空を仰いでいて、日夜観測を行ってるらしい。

という事はわかったのだが、そもそも電波望遠鏡というのは星や星の回りにあるガスなんかが出している微細な電波を数値データとして受信して、それを解析しまくった挙げ句、最終的に画像にしたりグラフにしたりと、かなり複雑な事を行ってるらしいので、実のところ展示物の説明を読んでも、ちょいと難しい。。

ただ、その宇宙からの微細な電波を受信する観測装置は、非常にインパクトのあるモノです。

特に敷地内でも一際目を引く45m電波望遠鏡。

Blgimg_6304

とにかくデカい。

Blgimg_6328

こんなデカいモノが、あっち向いたりこっち向いたりうにうに動きます。

そして、さすが特別公開。

でっかい45m電波望遠鏡のパネルを台に乗っかって触らせてくれたり、、

Blgimg_6307

指で持たせたりしてくれます。(爆)

Blgimg_6313

今度は、本気で星を撮りに行ってみよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月15日 (水)

夜空のウェディング

西武園ゆうえんち花火大会は今週月曜から金曜日までの5日間、全国各地の花火大会で賞を取った花火師さんを日替わりでゲストに呼んでのスペシャルプログラム。

今夜は、野村花火工業の「夜空のウェディング」が登場し夜空に鮮やかな色彩をちりばめてました。
光が不規則に飛び交う大玉の鮮やかさは、普段花火を見慣れている常連さんも思わず拍手!の瞬間をパチリ。

Img_62692_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月13日 (月)

ペルセウス座流星群

ペルセウス座流星群を見に陣馬山山頂までゼーゼー言いながら深夜の山登り。
肉眼では結構たくさん見えてたんだけど、ちょうどそこへカメラを向けておくのは無理ですねぇ。。
ま、ここら辺だろ。とカメラを据えて2分間シャッターを開けっ放しにして、次の写真というように半自動で撮りまくった中の1枚になんとか写ってました。
斜めに筋のように見えるのが流星です。(クリックして拡大してみてね)

Img_60823

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

夏の夜の風物詩

西武園花火大会にて

今日は風も吹いていたので結構涼しく鑑賞できました。

Img_59442

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月22日 (日)

海技研一般公開

独立行政法人 海上技術安全研究所(通称「海技研」)の一般公開に行ってきた。

主に船舶の技術研究を行っている場所で、様々な実験設備がある。

タモリ倶楽部などでも紹介されたことがあるので、テレビで見たことある人も多いのでは。。

Img_5910

これは、操船リスクシミュレータ。20人くらい入れる船の操舵室が丸ごと動揺装置に乗っかっていて装置の前方には240度のマルチスクリーンで海上の風景が広がってる。まるで船版のフライトシミュレータ。

これで海難事故の再現・分析などを行うそうな。(酔いそう)

Img_5921

深海水槽は、水深4000m模擬が出来る水槽らしいが、一般人向けにわかりやすい波の模擬をしていた。円形の水槽のまわりにずらりと並んだ造波装置を動かして自由自在に波を作り出すことが出来る。

全部の造波装置を同時に動かして徐々に波を増幅すると

Img_5900

こんなまん丸の波の真ん中が・・・

Img_5901

びよ~んと2mくらい飛び上がる。(場内沸き上がる歓声)

個人的に大興奮なのが400m水槽、船の模型をレールに乗った試験装置で曳航して船体の航行性能などを実験するらしい。

Img_5922

装置の下部に船体模型が取り付けられた状態で、400mを突っ走る。(と言ってもスケールスピードなので、装置自体はそんなに速く走らない)

Img_5924

装置全景

Img_5928

突っ走りちう。

写真の模型は高効率な船体を実験するものだそうで、水の抵抗を減らしているため波もすごく小さいらしい。(その分見応えが・・w)

結構楽しんで料金無料。おすすめです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

陸上自衛隊広報センター・首都圏外郭放水路

とある団体で大人の社会科見学を行うというので参加した。

朝霞駐屯地にある陸上自衛隊広報センターと、江戸川河川事務所の首都圏外郭放水路の2カ所を巡る社会科見学だ。

いずれの施設も見学は無料。(首都圏外郭放水路は要予約)

Img_0998

陸上自衛隊広報センターは、平日であれば駐車場も空いていて特に受付などもせず、ふらりと寄れるお気軽な場所。

Img_0999

施設に入るとAH-1Sなど、迫力のホンモノ展示がある。事業仕分け関連でTV露出もしたので結構有名な場所になりましたね。

屋外には戦車や装甲車などが整然と並べられていて、その重厚さに圧倒されます。

Img_1002

Img_1003

こういう所には説明上手なマニアと一緒に行きましょう。(笑)

身近にマニアがいなくても、案内の自衛官の方が懇切丁寧に解説してくれます。

さらりと見るつもりがガッツリ見入った陸上自衛隊広報センターでした。

そして午後は予約してもらっていた首都圏外郭放水路へ。

Img_1009

まずは広報室を兼ねた龍Q館で受付を済ませ、説明ビデオや模型を使ったわかりやすい概要説明を受けます。

Img_1005

首から見学者証をぶらさげ、いよいよ地下神殿へ。

Img_3978

だだっ広い空間にバカでかい柱の並ぶ調圧水槽、TVなどで見てデカいデカいとは思ってましたが、実際に入ってみると予想以上の広さにぽかーんと天井を見上げてしまいます。

Img_3984

スケールは人と柱の大きさから想像してね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年12月29日 (木)

スカイツリー

11時30分に神谷バー前集合という午前中から開催の今年最後の忘年会に行ったのだが、直に神谷バーというのももったいない気がしたので、ちょっと早めに家を出て、まだ外観が完成してから行ってないスカイツリーを見てきた。

風も穏やかな日だったので、逆さスカイツリーも見ることが出来た。

Img_3847

この場所定番のカーブミラーでもパチリ。

Img_3848 

それにしても高いですねぇ。。

普通のコンデジだと逆さツリーまでは画角に入りきりません。

ここから歩いて浅草へ行き、あとは楽しく過ごしましたとさ。。(所々記憶無し・・)

Img_0861

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月15日 (木)

ANA機体整備工場見学

仲間6人で、「ANA機体整備工場」大人の社会科見学に行ってきた。

受付を済ませ、机上のプレゼンを受けた後、いよいよ工場内へ。

Img_3795

だだっ広い!旅客機が4機ならんで入れるそうな。。。

見てのとおりの大空間に柱がない構造で、天井からはガントリークレーンのオバケのような機体整備用の可動足場がぶら下がってるもんだから、天井部分の梁が半端ない。

可動足場も機体の色んな場所に横付けできるように何層にもなってる。

Img_3799

こんな足場に取り囲まれると、よーく見ないと飛行機がいることすらわからない。

Img_3801

遠目にしか見ちゃいけないのかなぁ~?と思ってると案内役のおねーさんから「そばまで行ってみましょう」のかけ声で、我先にと飛行機に触れるほどの距離まで前進!

(実際に触ってはいけません)

Img_3815

この日、整備されていたのはB777。

エンジン部分もど迫力な距離まで近づけます。

Img_3804

整備工場の扉が開いたその外には、最近あまり見かけなくなったB747が鎮座してました。

この日現在でANAに9機あるそうです。>747

Img_3797

見るもの全てがデカかったのですが、人が使う工具類は一般的な大きさ。

当たり前と言えば当たり前なのですが、ちょっと感慨深げな新しい目線に気づいた見学会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧